浮気調査で証拠を掴む|プロの探偵に依頼することが得策

昔から活動してきた探偵

メンズ

公権力である警察機構とは方針を異にした「探偵」は、誰かに依頼されて金銭と引き換えに調査を行った。調査内容も時代によって、場所によって多岐にわたる。フィクションで描かれるような私立探偵も二、三存在したようで、例えばシャーロック・ホームズを生んだアーサー・コナン・ドイルはロンドン警視庁に依頼されて探偵として働いたこともある。この仕事が調査サービスを提供するものとして注目され始めたのは、日本では文明開化が叫ばれる以前のことであった。世界的には、近現代的な資本主義が若々しい姿でヨーロッパを中心に新しい社会構造を形成しようとしていた頃である。この頃、企業と呼ばれる組織は調査サービスを提供する業者を求めていた。彼らが調査していたのは、企業がこれから取引関係を結ぼうとする相手企業の、経済的な状況や信用情報といったものであった。信用が厚くて経営のしっかりした企業と関係を結ばなければ、自分たちの企業も危うくなる。そんな時代だったのである。現在では探偵は日本だけでなく世界中に点在しており、警察が介入できない民事事件などを担当するのが探偵の主な仕事となってきている。例えば、最近騒がれているものにストーカーがあるだろう。ストーカー被害に遭っていても警察に相談するだけで、対策ができているとは言えないものだ。しかし、ストーカー対策は探偵に依頼することで多少は食い止めることができるだろう。被害に遭う前に証拠を警察に渡すことで警察も対処してくれるため、ストーカーされている疑いがあれば早急に探偵に相談すると良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加